オレンジの日々に憧れて

40代の主婦が、本気でアメリカ移住を目指しているブログです。

インターとアメリカでの教育について、アメリカ移住時期を考えるpart5

スポンサードリンク

3acb0a19b52fbd20107c3f63fd611503_s

インドインターで私が質問した先生の回答とは

 

 

前回のつづきです。

 

前回の記事は、

 

www.orange-oc.com

www.orange-oc.com

www.orange-oc.com

www.orange-oc.com 

 

私は思いつくまま事前に考えていた日本語の質問を、たどたどしい英語に

 

頭の中で変換し、なんとか英語で先生に質問してみた。

 

①現在生徒は何人いて、一学年平均で何人いるのか?

 

先生:横浜校は、幼稚園から中学校まであって、全員で約100~120人くらい。

 

②日常会話は英語だが、インド語も勉強するのか?

 

先生:英語がメインでの会話で、授業も英語。

 

ただヒンディー語の授業もある。

 

③体育や音楽の授業はあるのか?

 

先生:体育の授業は、体育館はあるので、バスケットなどの球技など少し。

 

音楽は歌を歌うくらい。

 

④スクールバスはあるのか?

 

先生:スクールバスはある。

 

希望者は別途費用はかかるが、自宅近くから学校まで送迎可能。

 

⑤具体的な学費+諸経費の合計ではいくらかかるのか?

 

先生:授業料は年間60万+諸経費が数万。

 

スクールバス費用は、年間20万くらい。

 

⑥制服はあるのか?

 

先生:制服はある。

 

 

⑦勉強のレベルはどうなのか?

 

先生:レベルは高いと思う。

 

⑧算数やPCに力を入れていると聞いたが、実際どうなのか?

 

先生:確かに算数やPC、そして英語に力を入れている。

 

算数は二桁の掛け算九九などもやっている。

 

⑨給食はあるのか?

 

先生:給食はない。

 

⑩宿題などはあるのか?

 

先生:宿題はたくさんでる。

 

⑪イジメなどはあるのか?

 

先生:イジメは私が知る限りはないと思う。

 

しつけなどはすごく厳しいから。

 

⑫宗教の勉強はするのか?

 

先生:宗教の授業もある。

 

 

 

とのことだった。

 

丁寧にインド系の女性の先生は答えてくれた。

 

日本語の質問を考えていたから、突然の英語変換だったし、

 

少々パニックってしまったので、あとからあれも聞けば日本人の割合とか、

 

色々聞きたいことが後から出てきたけど、とりあえず、

 

最低限聞きたいことは聞けたので満足。

 

 

インドインターの実際の授業風景とは

bd85b264838fd710560e7bbaa16771d7_s

 

一通り質問をし終えると、実際の授業風景として、廊下から教室を見せてもらった。

 

全部ではなかったが、低学年のクラスの教室は、

 

普通の小学校によくある机と椅子を丸く並べ、先生の授業を真剣に聞き、

 

勉強していた。

 

たまたまかもしれないが、どちらかというと女子の割合が多かった印象。

 

日本人と思われる子も何人かいて、ランドセルを椅子に引っ掛けていた。

 

日本人の子供も実際にいることに、少し安心したのと、親近感みたいな感情も沸いた。

 

益々、インドインターに通わせることに興味を持った私は、

 

前向きに検討する旨先生に伝えた。

 

そして最後に、実際に申し込みする場合、

 

どのような手続きをすればいいのかと聞いたところ、驚くべき答えが返ってきた。

 

つづく・・・

 

 

www.orange-oc.com

スポンサードリンク