オレンジの日々に憧れて

40代の主婦が、本気でアメリカ移住を目指しているブログです。

錦織圭 全豪オープン2017の初戦は辛勝!海外メディアの反応は?2回戦の日程は? 

スポンサードリンク

f:id:orangemajochie:20170115235257j:plain

全豪オープンが開幕!

www.orange-oc.com

 

今日(と言っても0時過ぎちゃったけど・・・)から開幕した全豪オープン2017。

やはり錦織圭の注目度は高いですよね~。

年々注目度が高まってきているような気がしますが、それもそのはず、

まだグランドスラムはおろか、マスターズさえ無冠の錦織圭が、

今年こそはグランドスラムで優勝するのではないかと期待しているからがゆえの

注目度なのだと思います。

それは日本人的目線という贔屓目でなく、客観的に見ても、

そう思う人やメディアは多いと思います。

だってNHKは、(それこそ錦織の活躍を向こう何年間も期待して)全豪オープンを長期の

放映権の契約を結んだっていうんだから、本当にすごいなぁと思います。

もう既に錦織圭は、私達日本人の誇りであり、国民的大スター選手なのですから、

そう期待するのも無理はないですよね。

でもそんな我々の期待を本気で応えてくれるであろう可能性が、

錦織には本当にあるのですから、それこそ期待せざるをえないというのは

まさにこのことを言うのでしょう。

 

全豪OP初戦は辛勝!

f:id:orangemajochie:20170115224126j:plain

そして今日の初戦ですが、まぁ全豪オープンが開幕した初日ですし、

しかも第1試合ってことで、多少は緊張感もあるのかな?

とは思っていました。

ただ昨年も、対戦相手のクズネツォフとは2戦2勝していますし、

しかもストレート勝ちで、楽勝とはいかないまでも、

今日もストレートの快勝と、幸先良いスタートが切れるのではないか?

と半ばほくそ笑みながらその時を待っていたのですが、

ところがどっこい、試合は苦戦も苦戦。

第1セットはブレークを2度も許し、いきなりセットを落とすという劣勢の展開に

なってしまったのですから、正直焦りました。

 

まぁ最終的には勝つとは思っていましたが、何をそんなに焦ったかって、

先日痛めたばかりの臀部の痛みがまた顔を覗かせるのではないか?

ということだったり、初戦から長時間のハードでタフな試合をすることで、

これから2回戦、3回戦と戦わなければいけないのに、

疲労が蓄積して、また後半スタミナ切れなど起こしてしまうのではないか?

などと、まだ起こってもいない心配を、私は試合を観ながら考えていたのです。

少なくとも臀部のケガは顔を出さず、むしろもう完治したかのように、

右往左往に動く錦織を見て、大丈夫なんだろうと思いましたね。

 

それでも試合は苦戦を強いられ、結局5-7、6-1、6-4、6-7(6-8)、6-2の

フルセットの逆転で、なんとか制したわけです。

試合時間はなんと3時間34分!

真夏のコートで、よく長時間フルセット戦ったなぁと思いましたね。

逆にすごい頑張ったなと。

これで世界NO.1と言われるフルセットの勝率も、また更に上がっちゃいましたね。

 

海外メディアの反応とは?

f:id:orangemajochie:20170117011019j:plain

イギリスの新聞紙「メトロ」電子版が、こう評しています。

「27歳の日本のエースは、ロシア人の相手を打ち破るためには極めて厳しい戦いを強いられた」

 

また、オーストラリアの地元新聞紙「ヘラルド・サン」の電子版では、

「初戦でフルセットの末に勝利を収め、長引く健康に関する懸念を和らげた」

 

 と、先日痛めた臀部のコンディションの背景を元に語っていました。

それからATP公式サイトでは、

「ニシコリは5セットマッチを乗り切った」

 

という見出しで、特集記事を載せているとのこと。

 

錦織圭は海外でも人気選手ですし、今回の全豪オープンでは優勝候補として名前が

挙がっている選手の一人です。

だからこそ、今回の苦戦もすぐに記事になり、特集なども組まれたり

したんだろうなと。

 

2回戦の日程は?

2回戦の日程は、まだ決まっていません。

恐らく大会3日目となる18日(水)の午前中になるのでは?

と思いますが。

 

とにもかくにも辛かろうが、甘かろうが、

初戦を突破できたのは朗報です。

これからもタフな戦いは続くと思いますが、それを勝ち続け、

勝ち上がるからこそ、真のグランドスラム王者と言えるのだと思います。

錦織が開幕前に言っていた、一戦必勝でこれからも頑張って欲しいですね。

 

スポンサードリンク