オレンジの日々に憧れて

40代の主婦が、本気でアメリカ移住を目指しているブログです。

グリーンカードの抽選結果と今後のアメリカ移住を考える

スポンサードリンク

f:id:orangemajochie:20170509140859j:plain

グリーンカードの抽選結果

 

先日、グリーンカードの抽選結果が発表になりました。

 

DV2018ですね。

 

で、注目の結果ですが・・・

 

今年もダメでした。

 

撃沈・・・。

 

抽選には私と主人と2人分申込んでいるので、抽選確率は2倍のはずなのですが、それでも毎年外れてしまいます。

 

本当にことごとくクジ運ないなと思ってしまいますが、こればかりはしょうがないですね。

 

でも宝くじなんかよりは、はるかに当たる確率は圧倒的に高いはずなんですよ。

 

それでも当たらないわけですからね。

 

まぁクジなんてそんなもんなのかも知れません。

 

ただグリーンカード取得を諦めるわけにはいかないので、今後もこの制度がある限りは毎年挑戦していこうと思っています。

 

じゃあどうする?アメリカ移住

f:id:orangemajochie:20170509143600j:plain

さて、残念ながらグリーンカードの抽選には外れてしまったわけですが、これは一応想定内ではありました。

 

もちろん当たって欲しい思いは当然ありましたが、外れる可能性ももちろんあることも予想はしていたので。

 

それでも移住したい思いは強く持っていたわけですから、グリーンカード以外でも移住する方法を模索していたわけです。

 

以前にもどうしたらアメリカに移住できるのかという記事を書きましたが、グリーンカード以外にも移住できる方法はいくつかあることにはあります。

 

www.orange-oc.com

 

 ただ、私のように特に何の才能もなく、投資できる程のお金もそこまで持っていない場合は、行く方法はもうアレしかないんですよね。

 

そうです。

 

手っ取り早く『学生ビザ』です。

 

いわゆる留学って奴ですね。

 

ただ問題は、年齢です。

 

現在主人は47歳、私46歳。

 

この年齢で留学ってどうなの?って話です。

 

そもそもF1ビザ(学生ビザ)を発行してもらえるのでしょうか。

 

まぁ日本人は、あまり年を取ってから大学に復学する人って非常に少ないのが現実ですが、アメリカはごく普通にそういう光景ってありますよね。

 

それこそ白髪まじりのおじいちゃんやおばあちゃんのような人も、熱心に大学の講義を受講したりしていますし、ビジネスマンやキャリウーマンでも、大学に戻って自身のキャリアアップまたはキャリアチェンジのために、必要な科目を取って転職したりということも往々にしてあるのがアメリカですよね。

 

なので、アメリカ的な視点で言えば全然問題ないんでしょうけど、日本的視点で言えば、大丈夫かなと、いささか不安ではあります。

 

移住目標は来年の春!

f:id:orangemajochie:20170509145111j:plain

ここまでなんだかんだ先延ばしにしてきてしまった憧れのアメリカ移住。

 

もうこれ以上先延ばしにしたくない。

 

ということで私が考えるアメリカ移住の目標は、来年の春です。

 

現在小学4年の娘の修了式が終わった後、3月末頃ですね。

 

そこがとりあえずの目標です。

 

ということはもう1年ないってことですね。

 

正直、1年なんてあっという間ですが、なんとか目標としている来春までに色々準備して、移住をただの憧れから現実にしていきたいと思っています。

 

 

スポンサードリンク